材料を高速の熱気流に乗せ、運びながら乾燥させる方式。熱風と材料の接触面積が大きいためわずか2-3秒の高速乾燥が可能です。
粒径の小さい粉粒体で熱を受けると変化しやすい材料に適しています。
●きわめて短時間での乾燥が可能
●熱による品質劣化を防止
●総合熱効率が高い省エネタイプ。
●連続乾燥による大量処理が可能。
高速熱気流による瞬時の乾燥が熱による品質劣化を防止。
上新粉・小麦粉・配合飼料
原理
特長