原理
加熱板に材料を乗せ、ふるいのように水平運動させて焙炒する方式。
特長
さまざまな材料の焙炒に対応する汎用性の高いロースターです。
※特許取得済
内部に突起を配したドラムの回転により材料を撹拌・混合する方式。
ドラムと突起の両方から熱を伝えることにより、伝熱効果をアップ。ルーバーによりムラも防止します。
砂・石灰などを一切使用しない独自のメカニズム※による焙炒機。
麦茶・ピーナツ・きな粉・おこし原料
原理
特長